総量規制とアコム

アコムで借入れする際は、自分が借りたいだけいくらでも借入れできるわけではありませんし、誰でも同じ金額が借入れできるわけでもありません。アコムなどの消費者金融会社は、法律にのっとって、貸付をしています。総量規制といって、誰でも年収の3分の1までしか借入れできないことになっています。アコムで審査するときに、現在の借入れ状況を申告する必要がありますが、まず年収の3分の1を越すような場合は審査が通りません。また、審査を通すためにと、借入れ金額を少なく申告しても、貸金業者の情報システムにより、個人がどれだけ借入れしているか?というのが、一発でわかってしまいます。そのことから、嘘の申告をしても意味がない事になります。むしろ個人の信用問題にキズがつき、それが今後申し込む際に不利になる場合もありますので、嘘偽りのない正しい申告をしましょう。また、お金を借りている場合でも、総量規制の対象外となるものがあります。それは、教育ローンや、自動車ローン、住宅ローンなどです。これらは年収の3分の1を超えることが多い、高額な貸付の場合が多いですが、アコムなどの消費者金融会社の借入れの審査には影響しません。しかし、実際年収の3分の1まで借りて、ローンを組んでいたら、生活していくには厳しいことは、間違いありません。泣く泣く住宅を手放さなければいけない状況になりかねませんし、お金は借りないに越したことはないので、しっかり計画して借入れしましょう。

アコムで審査を受ける前に。

新規で借入れを申し込む際、審査は避けて通れません。クレジットで買い物をしていて、審査に受かる基準などの質問をネットでよく拝見したり、不安になっているかたもいますが、クレジットカードで買い物したものは、法律上、別物になりますので、審査を作用するものではありません。アコムで借入れする場合は、総量規制といって、年収の3分の1までが限度額となりますが、クレジットで買い物した分は、クレジット会社が定めた限度額まで利用できるシステムになっています。しかし、アコムで借入れしなければならない人というのは、クレジット会社の審査が通らない人が申し込んでくることが多いです。クレジット会社で返済の延滞などの自己を起こしてカードが作れなくなってしまった方たちです。もともとそのようなトラブルを起こしている人が申し込む割合が高いので、審査通過率が業界で最も高いといわれるアコムでも、2人に1人の確立といわれています。できれば、アコムで審査を受ける前に、お金を借りなくてもいい術を考えてください。クレジットなどを使うのに慣れている人は、お金を借りているという意識が、使っていない人に比べて低くなっています。また、金利もほとんどの場合が上限値になります。アコムカードで借りた場合は18%が上限になります。決して低い金利ではありません。