数多くある消費者金融

数多くある消費者金融のなかで、知っているといえば、アコムです。アコムは、私が子どもの時からテレビCMでも宣伝していて、現在では「 はじめての・・アコム♪ 」と女優さんが宣伝しているので、馴染み深いという方が多いのではないでしょうか?・・しかし、実際に利用したことあるか?と聞かれると、使用している人は、少数派だとおもいます。通常、普通の生活をしていれば、消費者金融を利用することはありません。アコムなどの消費者金融でお金を借りる人は、どこにもお金の当てがなく、やむなくお金を借りる方法だからです。そこで、アコムなどの消費者金融は、「 ○日間金利手数料無料 」や、「 保証人不要 」など、銀行でお金を借りるよりも間口が広くなっているので、よっぽど他社で複数の借り入れがあったり、延滞などの、事故暦がなければ審査に通るでしょう。また、審査に通った後、実際にお金を借りたり返したりする手段がさまざまで、コンビニATMや、スマホなど、私たちにとってとても身近な環境からできるので、ついつい借りてしまいがちなので注意が必要です。気軽に誰でもお金が借り入れでき、金額や借り入れ日数が少なければ金利も数百円で済んでしまいます。そんな手軽さから一度借り入れすると癖になってしまいます。とくに、ギャンブル好きな方は要注意です!!パチンコに行って、もっていったお金を使い果たしてしまっても、近くにコンビニさえあれば、すぐに借りれてしまいます。しっかり返すプランを立てて借り入れしましょう。

アコムを始め、消費者金融でお金を借り入れる場合は、審査というものがあります。審査が通らなければ借り入れることはできないので、まずは自分が借りれるのか審査の申し込みをしなければいけません。アコムのホームページでは、仮審査というものがあって、おおよそ自分が借り入れの対象になるのかを審査できるものです。仮審査が通っても、本審査で通るとは限りません。何を審査しているのかというと、本人が借りたお金をちゃんと返すことができるのか?ということです。それを審査するには、氏名、年齢、住所、職業、年収や、他社の借り入れ金額などを申告しなければいけません。借り入れ金額を多くしたいからと、虚偽の申告をする場合がありますが、それは逆効果です。会社名は、在籍確認といって、電話で本人が実際働いているのか、確認するものや、個人情信用情報機関による、他社の借り入れ履歴がわかってしまうので、嘘がわかってしまいます。虚偽の申告によって、この人にはお金を貸すことができないと判断された場合は、残念ながら審査は通りません。アコムの審査の基準というものは、公開されていないので、一概には言えませんが、正しい申告をすることは、個人の信用にもなりますから、審査を通すためのポイントアップになります。しかし、他社で複数の借り入れをしていたり、年収に見合わない借り入れを申し込んだ場合には、審査が通らないことが多いようです。