キャッシュカードとクレジットカード

キャッシュカードは、銀行や郵貯などの金融機関などで口座を開設した際に発行されるカードで、主にATMで入金・引き出し等に使われます。

 

対して、クレジットカードは買い物代金の支払いをする際に、現金の代わりにカードを提示することで、ショッピングができるものです。
また多くのクレジットカードには現金貸付けができるシステムがあり、ATMなどから現金を引き出すことができます。

 

こういったクレジットカードは一定の審査があります。JCB、VISA、セゾンなどのカードが有名で、色々な企業との提携をしています。

 

キャッシュカードは自分のお金を引き出すので、残高が無いと引出せませんが、クレジットカードは預貯金が無くても買い物も現金引き出しもできます。手軽に現金が引き出せるのですが、いわゆる借金です。もちろん利息もつきます。

 

クレジットカードは一時的な立替えに利用するカードで、現金の引き出しもクレジット会社が決めた制限額があります。
キャッシングは総量規制があり、年収の3分の1までとされています。