プロミスの審査で気を付けたいところ

プロミスの審査で気を付けたいところがあります。これは何もプロミスに限ったことではありません。他の消費者金融の会社でも同じです。それは審査の段階で、嘘を申告しないことです。名前や年齢を偽らないのは当然ですね。住所も然りです。また仕事をしていないから、借りれないからと、適当に嘘の会社を作り、そこに勤務しているようにするのもNGです。借りる段階で、消費者金融の業者から、会社に直接電話が入りますから、そんな嘘は簡単にバレテしまいます。電話が入ると言っても、消費者金融業者の名前ではなく、個人名で電話を入れますから、本当に借りる人は心配しなくていいでしょう。プロミスなどの消費者金融の会社は、その人の過去の借金や年収など、簡単にわかってしまいます。しかし、わかっていてあえて借りに来た人に
わざわざ記入させるのは、その人の人間性をチェックしているのです。正直にありのままを記入するかどうかをチェックしているのです。この段階で嘘をつくと、また
借り入れの書類で嘘をつくと、プロミスを始め消費者金融はお金を貸したりしません。これは
少額の借金であっても同じです。お金を貸してもらいたいなら、尚更正直になるべきです。嘘がバレれば、少額すら借りることが出来なくなる可能性もあるのです。

消費者金融でお金を借りるにあたって

消費者金融では多くの人にお金を貸しています。消費者金融の審査は銀行などと比べて緩いものですから、銀行などで借りられない人にも門出を開いているということが言えます。これは消費者金融が、まず人にお金を貸さないことには事業が成り立たないという事情も大きく影響しているのでしょう。ですから、割と簡単に借りることができるのです。、しかし、最低限の審査はあります。収入がない人には、基本的には貸しません。貸したところで、お金が返ってこない可能性が高いからです。また過去に契約通りに正しく返済できなかった人にもお金は貸せません。実績がない、もっと言えば、信用できないとみなされているのです。最近は学生や主婦でも借りることができる消費者金融があるようです。いろいろな消費者金融がありますから調べてみるといいでしょう。さて、これから消費者金融でお金を借りる人には、借金のし過ぎには十分に注意をしてもらいたいものです。
プロミスやアコムなどのテレビCMなどで必ず聞く文句があることに気づくでしょう。
「ご利用は計画的に」です。これは大変大事な事です。借りることよりも、返すことの方が大変なのです。借りた後に、どのようにして返していくのか、考えて借りましょうということです。本当に必要な最小限のお金だけを借りましょう、という意味なのです。自分の収入を考えて、それに見合った借り入れをしてください。
普通の人であれば、審査も簡単に通り、少額の借金は気軽にできてしまうのが消費者金融です。しかし、普通の人ならば、少額は必要が無いはずです。少額ならば、自分のお金として持っているはずですね。そんな少額にも困る自分を反省することも大事なことです。
そして、返済をする前に次の借金をしないことも大切です。この点は確実に押さえておきましょう。消費者金融でお金を借りることで、さし当りの窮地を切り抜けたなら、その後は、自力で自分の経済状況を改善する努力をしていきましょう。自分の収入内で生活をし、少しでも
余裕がある時に貯金をする癖を付けておきましょう。
そうすることで、消費者金融でお金を借りた状態と同じ事態を免れるはずです。消費者金融は時に、本当に自分を助けてくれますし、ある時は更に苦しむきっかけとなってしまう時もあるのです。ですから正に「ご利用は計画的に」なわけなのです。